任意売却と競売はこう違う

離婚に伴う任意売却や不動産売買について悩んでいるなら不動産の任意売却サポートに限ります。

住宅ローンが払えなくなると、所有不動産はいずれ競売にかけられてしまいます。
そうなる前に債権者と合意の上でご所有不動産を売却することを任意売却といいます。

競売の場合は、住宅ローンの支払いが滞ると債権者(銀行・金融機関)から督促状が届きます。

債権が金融機関から債権回収会社に移行して、再度督促が行われ、それが最終的な督促となり、ローンを債権者に返すことの出来る権利を失います。

つまり、この期間を過ぎるとローンの返済自体が出来なくなるということです。
それはどういうことかというと、残額一括で返済しなければならないということです。

債権者が不動産競売の申し立てを行い、競売開始の決定通知が届くと競売が開始されます。

この段階でも、まだ債権者と合意に達すれば任意売却に切り替えることは出来るようです。

競売開始から2ヶ月後、裁判所から執行官がやってきて物件の調査をし、売却基準価格が決まります。

この価格は市場価値より低くなり、半額まで落ちる可能性があります。

そして半年後に入札の結果が出る開札日がきて、強制的に立ち退きとなり、引越しの費用も自己負担になるのです。

それに対して任意売却の場合、競売よりも高額で売却できるのはもちろん、売却後に残った住宅ローンに関しても、債権者と交渉し、相談者の意思を汲んだ返済計画が立てられます。

また、提携弁護士・司法書士とともに、税金やマンション管理費の滞納分も清算いたします。

さらに、退去後の引越し費用の捻出も出来るため、明るい再スタートが切れます。

債権者にとっても競売と比べ、残債の回収額が高くなるため、双方にメリットなのが任意売却なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0